トップページ | セフレ出会いいう方法もあります »

2013年7月17日 (水)

奴隷を四つん這いで歩かせる

私は街で拾った奴隷をパンツ一枚にして首輪を着け、四足で歩かせて家まで連れて帰った。 人間に首輪を着け裸で歩かせている姿は人目を引く。 昼間にこのような変態行為をする人は先ずいないので、すれ違う人は皆私達を見ていく。 私はマンションに入るとエレベーターに奴隷を乗せて自分の部屋に入った。 「部屋の中では常に全裸、首から下の無駄毛は今から全て剃り落とし、身体をきれいにしてきなさい」 と私は言い無料セフレおすすめサイト一覧奴隷をバスルームへ押し込んだ。 陰毛を剃ってこなかったり、少しでも剃り残しがあれば、 お仕置きをされる事を奴隷はまだ知らないので、 どんな姿になって出てくるか楽しみに待っていると、奴隷が出てきた。 前に立たせて全身の点検をすると、陰毛を剃る事は知っていたらしく、きれいにしてあったが、 手や足にまだ剃り残しがあり、完全ではなかった。 「そこで正座をしてご挨拶をしなさい。今日から私がお前の飼い主です。 私の事は女ご主人様と呼びなさい。お前はこれか人間でなくなるので、今までの名前は無くなります。 お前の名前は奴隷5号です。分かりましたね」と言った。 私はご挨拶の言葉を何度も復唱させ、自然に言葉が出るようになるまで厳しく躾をする。 そして、足の裏を舐める事を毎日の習慣にして、絶対服従を誓う家畜奴隷になるよう厳しい調教を続けた。 今日は、無駄毛の剃り残しがあったので、奴隷にお仕置きをする。 初めて奴隷を鞭打ちにする時は、なるべく屈辱を味あわせるように、鞭の数を数えさせる。 そして、その都度「女ご主人様申しわけありません」と言わせるのだ。 最初は尻鞭を30回にしてその屈辱を厭と言うまで感じさせた。

トップページ | セフレ出会いいう方法もあります »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1849316/52491501

この記事へのトラックバック一覧です: 奴隷を四つん這いで歩かせる:

トップページ | セフレ出会いいう方法もあります »

無料ブログはココログ